バスケマンガの黒子のバスケ

黒子のバスケは、週刊少年ジャンプにて連載されていたバスケマンガです。

主人公は東京の新設高校のバスケ部に所属する高校一年生です。主人公チームがウインターカップで優勝するまでを描いています。途中、中学時代に袂を分かった且つてのチームメイトがライバルとして登場してきますが、この登場人物たちが主人公たちに負けず劣らず魅力的なのです。私が特に魅力的だと思うのが緑間真太郎というキャラクターです。

彼は「人事を尽くして天命を待つ」をモットーにずっとずっと努力し続けてきた人です。中学時代、周りの人間たちがスレてしまったりする中でもずっと練習に出続け、努力し続けてきました。

ただ、努力をしない人間を認めない頑固なところがあり、中学時代にも才能ゆえに努力を放棄してしまった仲間たちを引き留めることはしませんでした。そんな彼は高校でも人事を只管尽くしていました。

高校でも、入学当初は自分一人人事を尽くせばいいのだと周りのことを考えずに我儘にも見える言動をしていた彼ですが、主人公たちと試合をするうちに、また、普段の部活や学校生活の間に見えるチームメイトたちの人事、努力を見ているうちにチームの大切さ、仲間たちを信頼することの大事さを知っていきます。

そうして最後の試合。彼とチームが一丸となり、不撓不屈の精神で戦い抜く姿は、見ているものの心を打ちます。この感動をぜひ、原作で、実際に目で見て、体感していただきたいと思います。