アニメを見てはまった、黒子のバスケ

BSの番組で、黒子のバスケを途中から見ました。
キャラクターのカッコよさに一瞬で魅了され、途中から見たので、話の流れが知りたくて、インターネットで全巻をまとめ買いをしました。
テレビアニメは陽泉の試合から見たのですが、黒子テツヤ役の声優さんが歌う、エンディングテーマにも惚れ、そのCDやキャラソンも大人買いしました。

出演されている声優さんも豪華で、私は二重人格でもある、赤司征十郎が大好きです。
帝光中時代の、仲間思いで優しい彼も好きですが、絶対勝利の絶対王者にしか価値を見いださない、強いが自分の思い通りに皆を支配する彼も大好きです。
まさに、1度で2度おいしい設定だと思いました。
漫画は終わりましたが、舞台化もされたし、今度は映画も公開されるので、絶対に見に行きたいと思っています。

やっぱり、スポーツマンガの青春の部活設定の作品は面白くて、これに恋愛要素があれば、なお完璧な作品だったのになあと思っています。
そして、次回作も楽しみにしています。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。